一般的な治療法「普通のうつ病の場合」

 

「うつ病はこころの風邪。早く薬をのんで休養をとりましょう」
という啓発活動が、不適切な形で
広まっているのではないでしょうか。

 

考えないといけないこころの問題を軽視して、
薬で治そうとする患者さんが増えた気がしますし、
出す薬の種類を変えるしかしない医師が増えたようにも思います。

 

うつ病治療の主な考え方を記します。

  • 身体疾患や薬剤がうつ状態の原因であったり、
    うつ状態に影響を与えていたりしないか検討します。
    もし可能性があれば、身体疾患の治療や薬剤の中止
    あるいは変更を考慮します。この場合も、
    うつ状態が重症であれば抗うつ薬療法を併用します。
     
  • 身体疾患や薬剤が関係していない場合
    抗うつ薬療法を考えます。
    ただし、うつ病が軽症である場合は、
    抗うつ薬がそれほど有効でないとする報告もありますので、
    抗うつ薬は期待される有効性と副作用を慎重に
    検討する必要があります。
    また、躁うつ病のうつ状態では原則として抗うつ薬を用いず、
    気分安定薬に分類される薬剤を処方します。
  • 環境のストレスが大きい場合
    調整可能かどうかを検討し、対応します。
    過去にいろいろな場面でうまく適応できず、
    うつ状態になっているような人で、
    性格面で検討すべき問題がある場合は、
    精神療法として一緒に考えていく必要があります。
カテゴリー: うつ病を治す方法 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA