うつ病患者との接し方

現代病ともいわれる「うつ病」。

自分の周りを見渡しても、
「うつ病」で苦しんでいる人がいるかもしれません。

そんなうつ病患者との接し方は、どのようにすればいいのでしょうか。

ともすれば、こもりがちになってしまう「うつ病患者」。

病状を心配した上での発言でも、うつ病患者にとっては
苦しいものに変わることがあります。
その点をよく心得ておきましょう。

また、家族の中に「うつ病」を患うものがいつ出てきてもおかしくない時代。

患者と向き合う時間の長い家族は、
「うつ病患者」との接し方をよく知って、
一日も早く症状を回復するためのフォローをしてあげる存在になりましょう。

その前に、医師と患者の信頼関係も大変重要になります。

医師との信頼関係が築けない場合は、
ひとつの病院にこだわらず、
もっと患者を理解してくれる医師を探すこと
重要なポイントになります。(セカンドオピニオン)

うつ病は必ず治る病気です。

家族の支えの元、回復への道を進んでいきましょう。

では、具体的に、うつ病の患者さんとはどのように
接することが大切なポイントになってくるのでしょうか。

まずは、「うつ病」に対する誤解や、
抗うつ剤についての誤解を解くことが重要です。

うつ病の患者は、ともすれば何もかも否定的になります。
抗うつ剤を処方され、処方どおりに飲んでいても

「一向によくならない」
「何をやっても治るわけがない」などという

誤解を解かなければなりません。

患者は、抗うつ剤に対し、偏見や抵抗を感じているので、
適切な治療法を提案して、
医師との信頼関係を持てると安心しますよね。

医師は、「うつ病患者」に対し、現在自分に起こっている
不可解な症状はすべて病気が原因で、決して怠け心や、性格が悪い
ということではない」ということをしっかりと
患者に理解してもらうまでじっくり話すことが重要です。

まずは、うつ病を発症した患者に対し、
うつ病であることを理解してもらい、
抗うつ剤に抵抗を持っている場合の患者には、
7つのポイントをおさえて治療を進めていきます。

まず、現在不調を感じる症状が現れているのは
『病気』であり、決して「怠け者」ではないということを
理解させる必要があります。

また、患者に「うつの症状」が辛く苦しいことを、
理解し、受け止めてあげることが重要です。

自分の苦しさを受け止めてくれる人が1人でもいることが
患者には最高の心の支えになるのです。

うつ病の治療をすることで必ず症状はよくなり、
回復することを保証することが重要です。

また、服薬についてもなぜ服薬に至るのか、
その服薬によって症状の改善などがあることの
動機つけをしっかりとさせることです。

患者には「がんばらない」「気負わない」ことを
原則にすることを理解してもらい、治療に専念することを指示します。

そして、患者が抱え込んでいる重大な決断は、
症状が回復するまで決断を下さないで
保留したり延期したりすることを指示することです。

また、医師は、患者と一番長い時間接している家族に、
伝える最も重要なポイントは、患者を
「励まさないこと」や「プレッシャーをかけない」ことを徹底するように
充分説明しておくことが必要です。

カテゴリー: パニック障害 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA