人に依存する、甘えるのではなく、自分の良さ・才能・魅力を自分で知る

f:id:rakisceo:20150318151626j:plain

なぜ、人に依存する、甘えるのではなく、
自分の良さや才能、魅力を知る必要があるのか?

何かがうまくいかない時、占いや他人からの助言に
頼り過ぎてしまうことがあります。

占いは統計的な部分が大きいので参考にはなります。

また人の運気も当然上がったり下がったりするので、
自然で言う冬季は春に備えてじっと耐える時期もあれば、
のびのびと成長する時期もあります。

その自然の流れに身を任せて生きていくことは
とても良いことだと思います。

しかし、占いが全てを支配しているわけではないので、
必要以上に恐れることや楽観的になることは逆に
自分の人生を狭めてしまいます。

人から頂いた言葉も同じく、全てを鵜呑みにして
一喜一憂しては自分の生きる道がぶれてしまいます。

今起きている結果には必ず原因があります。

人生の波を占いや他人に依存してしまうと、
せっかく与えられた成長のための試練も全て
自分以外のせいにしてしまい、
学びに気付けないことがあります。

 

人のせいにしたり、依存したりすることは
楽なようで実は全然楽な生き方ではありません。

 

根なし草のようなもので、いつも誰かの言動に
振り回されている感じがして中々人生が好転せず、
愚痴や不満が増えるだけで成長していくことができません。

 

逆に自分自身としっかり向き合い、
自分の才能や良さ・魅力を知り、

自分の生きている道にしっかり自分で
立つことができていれば、焦ることも
嫉むことも誰かに振り回されることもなく、

「これは自分にとって大事な学びだ」

と無理なく受け入れることができます。

いつも自分の言葉と行動に責任を持って生きていれば、
失敗もしっかり自分の財産になるのでどんどん成長していくことができます。

 

面倒女(面倒な女)は依存心が強い半面、人にうまく甘えることも苦手です。

自分を知り、できないことはそれに焦点を当て過ぎず、
うまくできる人にお願いして下さい。

自分のできないこと不得意なことばかりを見つめて
自棄になるより、自分が得意なことを生かし、
できないことをできる人にお願いして感謝をして下さい。

逆に自分が得意なことで誰かをサポートしてあげれば感謝してもらえます。

 

依存心を無くすことも、人にうまく甘えることも先ずは

“自分の良さ・才能・魅力を自分で知る”

ということです。それらを知る方法は沢山ありますが、
今すぐできることを紹介します。

 

自分の良さ・才能・魅力を自分で知る具体的な方法 

1.人に聞いてみる

周りの家族や友達数人に自分の良いところを
聞いてみて下さい。

頂いた言葉は恥かしさや謙遜で中々すんなり
受け取れないかもしれませんが、有難く受け取って下さい。

数人が同じことを言うなら、それはお世辞ではなく
真実なので自信を持って下さい。

それを是非紙に書き留めておいて下さい。

それは補助輪みたいなもので、得意なことで自信を
持てるようになれば、人から褒めてもらわなくても
安定して走れるようになります。

 

2.子供の頃好きだったこと、得意だったこと、大人から褒められたこと思い出す

子供の頃は先入観なく、やりたいことに忠実に行動します。

大人になった今、その才能は眠ってしまっているかも
しれないので是非その才能を起こして下さい。

 

3.今までの人生の中で自分なりに“うまくいっていたな”と思える時期はいつですか?

その時、自分は何故うまくいっていたのでしょうか。

自分にとって必要なものが揃っていたからだと思います。

気の合う仲間に恵まれていたから?
大好きな仕事・趣味が充実していたから?
食事・睡眠等の生活習慣が健康的だったから?
家族との時間が充実していたから?

勝因が分かれば、それを今の生活の中に取り入れるための行動ができます。

 

自分で生きる力を取り戻して下さい。

すると自分に必要な知識や縁がどんどんやってきますよ。

カテゴリー: パニック障害 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA