双極性障害の治療法

心理療法

双極性障害は、単なるこころの悩みではありませんから、
カウンセリングだけで治るようなものではありません。

 

しかし、病気をしっかり理解し、
その病気に対するこころの反応に目を配りつつ、
治療がうまくいくように援助していく、
ある種の精神療法が必要です。

こういった精神療法を、医師の立場からは、
心理教育といいます。


(患者さんの立場から言えば、疾患学習という感じです。)

心理教育ではまず、病気の性質や薬の作用と副作用を理解し、
再発のしるしは何なのかを自分自身で把握することをめざします。

再発をほうっておくと自分でも病気の自覚がなくなり、
病院に来ることができなくなってしまいますが、

初期に治療を開始すれば、


ひどい再発にならなくてすむからです。

そのため、再発した時に、最初に出る症状(初期徴候)を確認し、
本人と家族で共有することが大事です。


再発のきっかけになりやすいストレスを事前に予測
し、

それに対する対処法などを学ぶことも有効です。
また、規則正しい生活をおくることも、
双極性障害の治療にはよい効果があります。


徹夜を避け、朝はしっかり日の光を浴び、

散歩などの軽い運動をする、といった形で、
できる限り一定のスケジュールで生活することは、
病気の安定化にとても大切です。


筆者が双極性障害を治したのはこの方法に

なります。

カテゴリー: 双極性障害 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA