抗うつ剤の副作用

抗不安薬
うつ症状を軽減するために処方される薬です。
副作用は、脱力倦怠感・ふらつき・眠気・口の渇き・過敏症など。

睡眠薬
睡眠薬の中から、睡眠障害のタイプにあわせて選びます。
寝つきの悪い「入眠障害」には、超短期型か短時間型、
途中で何度も目が覚めて寝付けない「中途覚醒」や
夜半から明け方に目が覚めてしまう「早朝覚醒」には中間型か長時間を使います。

副作用には、眠気、ふらつき、食欲不振、などがあります。

漢方薬
体質に合わせて処方されるものなので、
漢方薬に詳しい医師でないと漢方薬の効果を
最大に引き出すことは難しいといえるでしょう。

また、漢方薬だけで、うつ症状を治してほしいと
申し出る患者さんがいるようですが、あくまで漢方薬は、
補助的な役割を果たすだけのために処方される薬なので、
漢方薬だけでうつ病の治療はできません。

もちろん漢方薬も薬なので副作用もあります。

そこのところを履き違えないようにしっかりと覚えておく必要があります。

カテゴリー: 女性のためのうつ病対策 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA