死を受け入れる、選ぶ、天に任せる

今回はちょっと深い話….

● 死を受け入れること、
● 死をコントロールすること、
● 死を自ら選ぶこと、
そして
● 死を天に任せること
について書きます。

ちょっと暗いですが、きっとすっきりする話です。

死を受け入れる

死は誕生することと並んで人生最大のイベントです。
死は自分の肉体と精神が無くなる出来事です。
死は人間にとって最大の恐怖です。

死を受け入れる準備を整えるということは、
生きている間のどんな困難や苦痛も受け入れられる
態勢を整えるということにもなります。


例えば愛する者の死を受け入れられれば、
自分の死に対しても受け入れる態勢が整うということになります。


ここで、死を受け入れる5段階を学びなおしておきましょう。

キューブラー・ロスの死の受容5段階

キューブラー・ロスが、不治の病で余命宣告を受けた
沢山の人たちの心理過程を調査・観察してまとめたものが「死の受容の5段階」です。


死にゆく人たちは、次の5段階のプロセスを経て、
間近に迫った「死」を受け入れて死んでいくというものです。


《第1段階 「否定」》

不治の病あるいは余命を宣告されるとそれを認めず、
まずは「自分は死ぬはずがない」と否定します。

「何かの間違いで、身体の一部分だけの問題のはずだ」とか
「試していない新薬が劇的に効いて治るかもしれない」といった希望で、
なんとか事実を捻じ曲げようとしたりします。

《第2段階 「怒り」》

「なんで自分がこんな罰を受けなくちゃならないんだ?」とか
「医者は何をしてくれたんだ?」とか
「神はなんてひどい仕打ちを自分にだけするのか?」などと
怒りを自分の周りや社会や神に向けます。


《第3段階 「取引」》

何とか助からないか?余命を引き延ばせないか?と取引をしようと試みます。

「神に仕えて正しい行いだけをして人生を出直すから
何とか命だけは勘弁してほしい」とか、あるいは

「手足は持って行って構わないから頭と体だけは残して欲しい」などと
死と引き換えの取引を試みます。

また「冷凍にしておいて未来に治療法が発明されたら解凍して治してくれ」とか
「全財産を寄付しますから神の力でなんとか治してください」
といったようなありえない話にすがって助かろうとします。

《第4段階 「抑うつ」》

取引してもそれが成立しないと分かると、
意識が自分の内側に向かいます。

人生のはかなさ、運命の女神のそっけなさに対して失望し、
虚無感や無力感を感じます。

深い抑うつ状態に陥って何もやる気が起こらず、
何にも興味が持てなくなります。

絶望感や悲しみが噴き出してきます。

《第5段階 「受容」》

無力感・絶望感と悲しみを繰り返しながら、
徐々に死を受け入れる態勢に入ってきます。


最終的には、望みも悔いもなく、悲しみも喜びも怒りもなく、
感情的に安らかな状態に入ります。


人間的な煩悩を捨てきった心理状態、いわば悟りの境地に達するのです。

すべての人がこのような死に方をするとは限りませんが、
一般的にこのような段階を踏んで、
人は死んでいくものなのだという理解はしておく方が良いでしょう。

死のコントロール

死とは自分の肉体と精神が無くなる出来事です。

誕生の瞬間を記憶していてその経験を語れる人はほとんどいません。


同様に死を経験して語れる人はほとんどいません。


自分の誕生を自分でコントロールすることが出来る人がいないのと同様に、
自分の死をコントロールできる人も一人もいません。

自殺について

抑うつ感はあまりにも深まると、やがて希死念慮を誘発しがちです。

あらゆるものから解放されたい、そのためにすべてを投げ捨ててしまいたい。

余りにも苦しく、その苦痛の源が自分自身の精神であり、
それが自分の肉体に宿っていることが明らかなので、
肉体もろとも精神とその生み出す苦痛を消滅させようという
行為に走りたくなります。


自殺者は、苦痛から逃れるために、自らの命を経ちますが、
だからと言って、死をコントロールできている訳ではありません。


なぜなら、一旦命を絶つと後戻りさせることができないのです。
コントロールできてるとはとても言えません。

「死」はすぐに必ずやってくる

なぜ生きているのか?とあなたは問いかけます。

なかなかの難問です。


なぜ生きているのか?すべての人それぞれのケースに対して
1つの答えを返せた人は、だれもいません。


必ず人生は死をもって幕を閉じるということは、
生きるという事自体が死を「行き先」にしています。


いずれにせよその「行き先」には誰もが間違いなく必ず到達できます。


その「行き先」にたどりつくためには何の努力もする必要もなく急ぐ必要もありません。


放っておけばその「行き先」には必ず到着できるのです。

行き先=「死」にたどり着いたら

この「行き先」の厄介な点は、いちどその「行き先」に到達したら
次の「行き先」を設定することも出来なくなるし、
次の「行き先」に向けて努力することもできなくなってしまうという点です。

「行き先」に一旦到達してしまえば、
何をすることもできなくなる。

感じることも考えることもできなくなります。

あなたが今、何もしたくないし、何もできないし、
何も感じたくないし、何も感じることもできないし、
何も考えたくないし、何も考えることもできない、という状態だったとしましょう。


死んでしまえば何もすることもなくなるし感じることも考えることもなくなる、
だから死んでしまった方がいいと、あなたは考えているかもしれません。


確かにその通り、だったら死んでしまった方がいいかもしれません。


でもそれは、、運命が確実にやってくれます。
それは運命の仕事です。

あなたの仕事ではありません。

死への到達を天に任せる

死ぬのだったら、その「行き先」への到着は、天に任せておけばいい。

放っておいてもその「行き先」は、
明日やってくるかもしれないし、
1週間あるいは1ヶ後あるいは1年後にやってくるかもしれないし、
少なくともほぼ確実に100年以内には必ず到達できるのです。

「行き先」への到達をいつにするかは天に任せて、
とりあえず3週間、あるいは3ヶ月、最大3年間
がまんして様子を見てみましょう。

カテゴリー: 死について考える パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA