社会に属する女性への配慮

女性特有のうつ病の代表として上げられるもので、 「産後のうつ病」や「更年期のうつ病」があります。 この産後や、閉経の期間には、女性ホルモンのバランスが大きく変動します。 女性のうつ病とホルモンの分泌に... 続きを読む 続きを読む | Share it now!

抗うつ剤の副作用

抗不安薬 うつ症状を軽減するために処方される薬です。 副作用は、脱力倦怠感・ふらつき・眠気・口の渇き・過敏症など。 睡眠薬 睡眠薬の中から、睡眠障害のタイプにあわせて選びます。 寝つきの悪い「入眠障害... 続きを読む 続きを読む | Share it now!

うつ病の薬について

薬は飲んだ方がいいの? 軽い初期症状の場合、薬は有効です。 ただ病状が進み何年も治らないという 筆者のような場合もあります。 うつ病の治療には、主治医との信頼関係の上に成り立ち、 自分が抱え込んでい... 続きを読む 続きを読む | Share it now!

うつ病の症状と診断

うつ病の診断 うつ病は、それが病的なものなのか、 日常的に性格的にきているものなのかを しっかり区別しなければいけません。 うつ病の3大症状は、 「おっくう感」「憂うつ感」「不安・焦燥感」があげら... 続きを読む 続きを読む | Share it now!

60歳以降のうつ病と女性ホルモンの関係

精神的に成熟期をむかえ、安定していると思われがちであるが、 健康への問題や嫁・姑問題、一人でいる孤立感などから ストレスを抱えてうつを発症する場合があります。 高齢期では、女性ホルモンの減少によっ... 続きを読む 続きを読む | Share it now!

40歳から55歳頃のうつ病と女性ホルモンの関係

成人期に活躍していた卵巣機能がだんだん低下し、 月経不順の一定期間も終わり、閉経期を経て 老年期に移行するまでの期間を更年期と言います。 更年期では、身体的にもいろんな病気 (高血圧・心臓病・糖尿... 続きを読む 続きを読む | Share it now!

25歳から35歳頃のうつ病と女性ホルモンの関係

25歳~35歳の女性は身体的に成熟しています。 仕事、恋愛、結婚などの悩みも多くなる頃です。 浮かれていた思春期と違って、このころの悩みは切実です。 体は成熟していますので、生物学的に言うと 子供を産... 続きを読む 続きを読む | Share it now!

18歳から24歳頃のうつ病と女性ホルモンの関係

大学、就職と、親元を初めて離れ、半親離れを経験する時期です。 周りの環境も変わるので、環境の変化に影響されます。 鋭い感受性や強い自我を持つのですが、旺盛な活力がそれを裏打ちします。 入学や就職、結婚... 続きを読む 続きを読む | Share it now!

思春期の女性のうつ病

つまり、女性らしい体に変化していくことになりますが、 同時に体のだるさも現れることがあります。 しかも思春期は、ホルモンを放出する卵巣が未熟なため、 ホルモンバランスを崩すこともあります。 つまり、... 続きを読む 続きを読む | Share it now!

なぜ女性は男性よりも「2倍」うつになりやすいの?

1.女性は、器用な脳の使い方をしている!? 女性の脳は「割り込み型の脳」といわれる、 同時にいくつものこと考えられる脳です。 仕事や家事をしながら、「今日のご飯はどうしようかしら?」と考えたり、 洗濯... 続きを読む 続きを読む | Share it now!