病気に負けないような鉄の心は必要じゃない

なにも強い心を持つだけが良い訳じゃない

うつ病になった方が必ず思うことが
「こんなネガティヴな心じゃだめだ」
「鉄の心になりたい」

と傷つくのを恐れ、最大級の強い心を持ちたいと
思うものです。

 

実際、私も小さい頃から、母親の言葉に傷ついたことが
しばしばあって、そういう時は凄く落ち込みました。

それで、その夜は神様にこうお願いしたものです。
「神様、一つだけ私に強い鉄の心をください」

鉄の心なら、なにも感じず、傷つかず、壊れず、
きっとどんな言葉にも微塵も凹まず平気でいられる・・

 

そう考えていました。

 

そんな、考えを持ったまま大人になったけれど、
鉄の心を持てないまま過ごしてきてしまい、
うつ病になってしまった・・と思ったものです。

 

うつ病は、ストレスと睡眠不足などが原因で発症する病気ですが、
再発するのはまた違った原因があると私は思っています。

再発の原因は、主に「辛かった仕事」を学習してしまったので
また「〇〇になったらどうしよう」「病気はもう治らないかも」
などと言うようなネガティヴな考えをしょっちゅうしているからだと
心底思うようになりました。

 

4回の休職と復職、再発はうつ病にはつきものですね。

 

 

再発をしないために段々と感じてきたことは
強い鉄の心を持つことではなかったと
いうことです。

 

 

小さい頃から神様にお願いしても絶対くれなかった鉄の心

神様は私にくれなかったハズです。

鉄の心じゃ、人間の細やかな感情や思考をすることができない。

 

だから、「鉄のような性格」を持っている人も
心の表面にバリヤーを張って、悪い情報を防御しているだけで、

もし、「鉄の心」を持てたとしても
いずれすり減り、もろくも崩れ去る時がやってくるのだと
うつ病の苦しいさなかに考えていました。

 

 

では、どんな心でいれば、いろんなことに順応していけるんでしょうか?

 

とっても便利な低反発枕の心

それは、低反発枕のような心なんです。

 

 

誰からかにイヤなことを言われたら、いったん凹みますが、
そのあとで、ご存じの通り頭の形に合わせてまた別の形になる。

形や凹み具合も自由自在で、すぐ元に戻り
押されたらまた凹みを繰り返す・・

 

 

そんな凄く便利な心を持った方が良いということに
気が付いたのです。

一長一短では低反発枕の心は育てることはできません。

それは、ひと言で言ってしまえば、
自分の考えを低反発枕のように変えることになるからです。

 

 

そんな、柔らかく、しなやかな心を持つことが、私の理想です。

 

 

例えば、大地震で高層ビルが大きく揺れた時は
耐震構造というのはガッシリ組み立ててるのではなく

「ゆらーり、ゆらーり」と地震の動きに合わせて
敢えて逆らわず、同調するかのような動きをしますよね。

そんなイメージを持ってもらえば
私たちの足元が大きく揺れた時も
自分はただ「ゆらーり、ゆらーり」と
それに合わせればいいだけと思えるハズです。

 

人間は生きている以上は色んな人やものと共存しています。

だからどんな時、どんなものに、足元をすくわれるかは
分からないのです。

鉄の心を持って色んな事を遮断しても
足元をすくわれたら、がたっと転がってしまいます。

 

それよりは、持つべきものは耐震構造のような
低反発枕のような心なのです。

もし、あなたが苦しい直面にであったら、
低反発枕を思い浮かべてみてください。。

気持ちに余裕ができて
「ああ、低反発枕になれた」と実感する時が
きっとくるはずです。

 

 

れい子

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA