悩みに向き合う方法

悩みの対処方法について
質問されることがかなり多いため、
ここでもう少し詳しく悩みについて

述べてみます。

実際、悩みは、私たちにちょっとしたストレスを
与えるので、悩みがある方が脳を活性化
させて行動を前向きにしてくれるのです。

しかし、行き過ぎた悩みは、
精神面に悪影響を与えるだけでなく、
癌細胞を作り出したり、免疫力を低下させて
しまうことが医学的にも証明されています。

うつ病の時は、いくら悩んでも解決法が分からず、
堂々めぐりで考えていることが多いので、
先に述べたような朝、寝る前の悩み方の対処だけ
すれば後は何もしなくて結構です。

日中うじうじと考えてしまうのも
流れにまかせましょう。
その方がストレスになりません。

一方、私が心理学を勉強し、精神療法を行って
いく中で気づいたことがあります。

それは、同じ悩みでもうつ病が長引いてしまう
悩み方とうつ病をさっさと治す悩み方がある
ということです。

そのポイントをまとめます。

1.現実を把握したうえで悩み考える

  例えば、「プロゴルファーになりたい」と
  思った場合、達成までにかなりお金がかかる
  現実を認識している必要があります。

 うちにはお金がないから無理だと、うじうじ
 悩んでしまうのでは現実から逃げた悩み方です。

 プロフォルファーになるには、実際どれくらい
 かかるのか、もしなれた場合の年収などの情報を得て、
 たとえ訓練中借金しても、プロになれば取り返せるのか
 など全て把握して、また悩み続けるのです。
2.願望を一瞬あきらめる

 夢や願望をあきらめてしまうのが辛い方は、
 たった5分でかまいません。

 「もうそのことを願うのはやめた」と自分に
 言い聞かせてみましょう。

 何度もこのことを繰り返していると、
 何故か願望を達成できたり、方法が見つかる
 ものです。

 そのまま、虚しくあきらめてしまうことは
 実はほとんどありません。

 ある事に向けて真剣に努力すればするほど、
 達成から遠ざかっていく、
「努力逆側」の法則をご存知ですか?
 深層心理学では実証されている法則です。

3.人に相談するよりも一人で悩み考える

 他人に悩みを相談するのはいいことと
 言われてますが、意外と落とし穴があります。

 両親、兄弟姉妹、配偶者、専門家に相談するのは
 いいのですが、それ以外の人に安易に相談して
 しまうと、案外と変な雑音に振り回されることに
 なります。

 他人はあなたの真剣な悩みに対しても、
結局興味本位で向き合うため、気づかないうちに

 あなたを傷つけてしまう言葉を発したりもします。

 あなたのことを本当に大切に思ってくれる人や、
 他人でも専門家ならば、きちんと悩みを分析し、
 いい加減な言葉を発したりしません。

 ですから、安易に友人、知人などの他人に
 相談するよりは、自分一人で真剣に
 悩み抜いた方が解決は早いのです。

 時には最愛の人にすら相談しないで、自分だけで
 悩んだ方がいい場合もあります。

4.動ける範囲で実現に向けて行動してみる

 離婚について、うつ病もどん底になるまで
 悩んでいた人が、自分一人で「離婚届」
 をもらいに市役所に足を運んだ途端に
 うつ病が治ってしまった人がいました。

 その後の離婚調停、親権問題など、
 実に壮絶な話し合いが繰り広げられましたが、
 ついこの前までうつ病で寝込んでいた人とは
 思えないほど、精力的に立ち向かっていきました。

 離婚成立し、新生活を始めたあとは、
 自分一人でいきいきと働きながら、
 うつ病とは全く無縁の人生を送っています。

 他にも、転職や身体の病気、恋人の浮気で
 悩んでいたのに、ちょっと思い切って
 行動に移した途端に、うつ状態とは
 サヨナラできた方が大勢います。

 今の自分にできることから始めていく。

 転職セミナーの資料を取り寄せる。
  
 自分の身体の病気をテーマにした
 講演会を探し出して申し込む。

 恋人のことを一切考えるのをやめて
 資格を取る準備を始める。

 そこから、次々と新しいことに
 向かって展開していくものです。

うつ病を自分で治そうと思っている人
こそ、この4つのポイントを常に
意識して思い悩んだり、考えたり
してほしいものです。

カテゴリー: やる気がないときのやる気の出し方 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA